VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?

この記事は約6分で読めます。

VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?

デミオ
デミオ
どうも!
デミオです!

ゆたかな日々にお越しいただき、ありがとうございます!

(2020/07/13投稿 2020/07/14更新)

今回は
VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?
について書きました
スポンサーリンク

ポイントは Chrome 拡張アプリ(
アドイン)で音声入力ができるようになるものです

この記事は出来る限りVoiceInを使って書いていきます
※ 手直しはします。タグ打ちもキーボードです

■VoiceIn

ぜひ最後まで読んでください(^^)

VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?

改めて今回はVoiceInの紹介です

■VoiceInとは

VOICE in は ウェブブラウザのChrome 拡張アプリです

ここからインストールできます

VoiceIn
任意のウェブサイト上の任意のテキストボックスに音声認識を使用します

■VoiceInの動作環境

  • Windows の Chrome では当然動きます
  • Windows のブラウザ Edge の最新版では動きました
  • マックは未確認ですがおそらく Chrome 入れれば動くと思います
  • Chromebook は余裕で動きました
  • 残念ながら Android では動きません
  • iOS は未確認ですがまず間違いなく起きません

■VOICE in の使い方

Voice In - Getting Started
Get started with using Voice In in 2 minutes.

を確認。

VoiceInの使い方。句読点の入れ方

コントロールシフト F 9でON/OFF切り替えられます(Windows)

またはブラウザ上のマイクアイコンのクリックでオンオフが切り替えられます

VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?アイコン

VoiceIn ON/OFFアイコン(OFF中)

句読点の入れ方

句点「,」の入れ方
文章の中で「コンマ」と言う

読点の入れ方
文章のなかで「ピリオド」と言う

その他のコマンドは下記を参照

Voice In - Voice Commands

VoiceInの無料版と有料版の差

■VoiceInの無料版と有料版の差

VOICE in 使って、音声入力をガチるならVoiceInの有料プランを契約するのは必須です

以下は有料版(プラスアクティベート)した時にだけ使える機能です

1 音声のユーザー辞書が使える(超重要)
2 VOICE in が使えないサイト用のディクテーションボックス(超重要)

VoiceInが使えない入力できないサイトは残念ながら多いので、快適に使えるようにするなら有料版が必須になります

またユーザー辞書を使うことで固有名詞も音声入力で入れられるようになるのでおすすめです

音声入力の精度だけなら自動で句読点が入るSimeji(しめじ)や、日本語変換精度が高く無料のGoogleドキュメントなどもかなりいいんですが、音声入力のユーザー辞書対応はしてないので、VoiceInの大きなアドバンテージです

VoiceInの有料プランの説明ページ

年間70ドルのところ今だけ年間20ドルで契約できるようです

一ドル100円換算すると年間2000円。
月換算すると150円くらいなので、パッと入っちゃうのが超オススメです

有料プランに入ってしまえばどの PC でも使えます。

Android や iPhone で使えないのが残念でならない。。
タブレットの PC モードとかあればいいんですけどねー

Chromebook は使えましたよ

VoiceInが使えない、入力できないサイトで使う方法

前述の通り有料プランをアクティベートして、ディクテーションボックスを使えるようにするしかないです

■VOICE in が使えないことが分かっているサイト

– WordPress
– Facebook
– Skype
– Twitter
– Simplenote

使えないサイトはドメインを登録してから、使いたいサイトを F 5で更新してやればすぐ反映されます

VoiceInが使えない、入力できないサイトで使う方法2 ペーストモード(貼り付けモード)の追加 2020-07-14更新

VoiceInのアップデートがあったのか、貼り付けモード(ペーストモード)というのが増えてました!

これはちょっと衝撃的でした

今までWordPress の音声入力はディクテーションボックスに入れて

1 コントロール X 切り取り
2 マウス操作してディクテーションボックス→Wordpressの記事投稿画面をクリック
3 コントロール V

って言うすげーだるい3ステップだったんですけど、
貼り付けモードを利用すれば直接 WordPress の記事投稿画面に音声入力できるようになりました

ちょっとこれの素晴らしさは今度動画撮ろうかなと思います

noteにキャプチャ貼り付けして説明したのでご確認ください!

VoiceInがアップデート!貼り付けモード搭載でWebサイトどこでも音声入力可能になった|デミオ(ブロガー×双子のパパ×システムエンジニア)|note
どうもデミオです ご覧いただきありがとうございます! 今回はGoogle Chrome ブラウザの拡張機能「VoiceIn」による音声入力の紹介です VoiceIn任意のウェブサイト上の任意のテキストボックスに音声認識を使用しますchrome.google.com たぶん少し前まで...

VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?に関する感想

完全にVoiceInのステマ記事です(笑)

まあVoiceInからお金は貰ってないですし。
調べてませんが多分アフィリエイトなどもないです

有料版でディクテーションボックス扱うようになったのは大きいのですが、直接編集できないのでWordPress に音声を入力してはコントロール X で切り取って貼ったりしてるのでちょっと面倒です

でも現場は一番音声入力を自由に使えるツールかなと思います

Androidスマホやタブレット でも使えるといいんですけどねー

この記事はまだまだ改良して行こうと思います

2020-07-14更新

記事更新した通り貼り付けモードが利用できるようになりました

詳しくはnoteの方を見てもらえればなと思いますが、めちゃくちゃ快適です

VoiceInがアップデート!貼り付けモード搭載でWebサイトどこでも音声入力可能になった|デミオ(ブロガー×双子のパパ×システムエンジニア)|note
どうもデミオです ご覧いただきありがとうございます! 今回はGoogle Chrome ブラウザの拡張機能「VoiceIn」による音声入力の紹介です VoiceIn任意のウェブサイト上の任意のテキストボックスに音声認識を使用しますchrome.google.com たぶん少し前まで...

ユーザー辞書はで変な変換したらどんどんどんどん改善することもできるし固有名詞にも対応できるし結構変換ロジックいい感じなので、いいかなと思います

句読点の入力は正直手動で入れるのめんどくさいのであまり使ってないですね僕は

改行で済ませてます

今度、貼り付けモードの動画撮ろうと思います

他にもオススメの記事があるので、そちらもぜひ読んでみてください!

まとめ ~VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?~

デミオ
デミオ
いかがでしたか?

それでは、内容をまとめます。

VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?~まとめ~

  • Chrome 拡張アプリ音声入力のVoiceInは無料で句読点入力できる
  • 有料プランにするとユーザー辞書機能や入力できない対策のディクテーションボックス機能が使える

以上で
VoiceIn(Chrome拡張音声入力)の使い方!句読点や入力できない対策は?
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました