本・雑誌

小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説!辺境の老騎士の感想



スポンサーリンク



小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説!辺境の老騎士の感想_アイキャッチ

デミオ
デミオ
どうも、デミオです!

ゆたかな日々にお越しいただき、ありがとうございます!

今回は
小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説「辺境の老騎士」
について書きました。

ぜひ最後まで読んでください!

「小説家になろう」とは?

デミオ
デミオ
まずは「小説家になろう(しょうせつかになろう)」について説明します!

「小説家になろう」とは、日本最大級のネット小説サイトである。

「なろう」の通称で知られる。

ランキング、感想・レビュー投稿、ルビや縦書PDF化、携帯からの利用などに対応し、可読性、利便性が同系統のサイトの中では高い。小説投稿サイトでは最も大規模なサイトのひとつとなっている。

また、感想の削除やユーザーブロックといった投稿者に強い権限を持たせているのも特徴である。

投稿される作品に一定の偏りが見られる。異世界モノ(※1)や、VRMMO(※2)といった、ライトノベルが非常に多く、独自の文化を形成している。
これらのジャンルは、「異世界だから」「ゲーム内だから」という風に、作品の世界観や設定に説得力を持たせやすく、完璧な整合性や高度な文章テクニックを求められる推理小説などとは違い、執筆初心者でも書きやすいことから作品が多いものと思われる。

しかし、あまりにも異世界モノとVRMMOが増えすぎたために(それらのジャンルがそれぞれのランキングを9割近く埋めてしまっていた)、投稿ジャンル(ニコニコ動画でのカテゴリに近い)の改定が行われ、これらのジャンルがもともと含まれていた「ファンタジー」カテゴリ、「SF」カテゴリからカテゴリとして独立するまでに至った。

一部の投稿作品は書籍化されている。またアニメ化・実写映画化されたものもある。

※1 現代社会の知識を持った主人公が異世界で活躍する作品。多くはドラゴンなどが登場するファンタジーの世界。異世界に生まれ変わる異世界転生、異世界で生きていた人物を乗っ取る異世界憑依、元の肉体のまま異世界に転移してしまう異世界転移または異世界召還など細分化されている。
※2 VRMMOが一般化した世界で、ゲームで遊ぶ主人公たちを描いたものから、前述の異世界モノのように転生や転移の形でVRMMOの世界に入り込み、主人公が活躍する作品などがある。

デミオ
デミオ
かんたんに言うと、

  • オリジナルの小説を無料で投稿・閲覧で小説サイトの最大手
  • 特に「異世界転生もの」と呼ばれる現代の日本人が異世界に転生/転送されて大活躍する、というジャンルが多く、人気
  • ゲームのような設定のファンタジー世界の物語が無料で楽しめるのが魅力

という感じです



小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説!辺境の老騎士の感想

デミオ
デミオ
今回は、小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説として、
「辺境の老騎士」を紹介します!
辺境の老騎士
おすすめ度:
長さ:
総合評価:99点

あらすじ
大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが大陸中で語り継がれる冒険譚の幕開けとなることを。

お話要約

  • 異世界転生でなく、ファンタジー世界に生まれた老騎士のお話
  • 辺境の国の老騎士バルド・ローエンが、引退したあとに各地を旅し、世界の謎を解き明かす話
  • 剣と魔法とファンタジーの王道的作品
■辺境の老騎士の感想
とにかくめちゃくちゃ面白かったです!

主人公や仲間が魅力的で、人物の描写も丁寧。
きっちり謎やフラグも物語の中で破綻なく説明・回収してました。

正直、読み終わるまで仕事手につかなかった覚えがあります。

100点満点にしなかったのは、終わっちゃって続きが読めないから、の一点につきます(笑)

個人的には途中で義理の息子になる「カーズ・ローエン」が魅力的で好きです。

異世界転生以外で、長編のファンタジー小説を探している人には文句なくおすすめ作品です!
読んでませんが、漫画も出てるようです

実質満点なので、この作品と比較して今後はレビューの得点をつけようかなぁと思います。

まとめ ~小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説!辺境の老騎士の感想~

デミオ
デミオ
いかがでしたか?

それでは、内容をまとめます。

  • 辺境の老騎士の感想は控えめに言って最高
  • 異世界転生以外で、長編のファンタジー小説を探している人に文句なくおすすめ!

以上で
小説家になろうの完結済みおすすめ長編小説「辺境の老騎士」
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク