モノ(家電/ガジェット)

布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?



スポンサーリンク


デミオ
デミオ
どうも、デミオです!

ゆたかな日々にお越しいただき、ありがとうございます!

(2020/04/04投稿)

今回は
布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?
について書きました!

あらためまして、デミオです!

安倍政権から布マスクが各世帯に二枚配られることが話題ですね!

うちも本当にマスクが手に入らなくて、ちょうど花粉症の時期でもあるので、マスクもらえるとありがたいですよね。

布マスクなら洗って繰り返し使えますし。

そんな布マスクですが、
使うのは危険!マスク使わないよりも感染拡大する!
という噂を聞きました。

今回はその噂について、布マスクのことを調べてみたいと思います。

今から調べるのでこれは予想です。

しっかり洗わないと危ない!
とかそんな理由なのかなー
と考えています。

ぜひ最後まで読んでください!



布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?

イチコ
イチコ
布マスクはダメ!
ってなんかテレビとかで言って無かったっけ?
ニコ
ニコ
ピッタマスクの記事書くときに、
「布マスクは、マスク無しよりも感染拡大する」
とかって研究を読んだんじゃなかった?
イチコ
イチコ
えーー!
マスク無しよりも感染拡大するって、なんで?
マスクの意味ないじゃん!
ニコ
ニコ
ニコに言われてもー。
難しくてよくわからなかったし。
デミオ
デミオ
確かに、
「布マスクはダメ!」
って噂はあるんだよねー

調べてみるね!

というわけで、
布マスクはなぜダメと言われるのか?
その有効性/危険性について調べてみます!

ちょっと頭から難しいんですが、
2015年の海外の研究論文の概要を読んでみました。

タイトルは
「A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workers」
(翻訳:医療従事者における医療マスクと比較した布マスクのクラスター無作為化試験)

先にポイントまとめるので、論文自体はざっとスクロールして飛ばして良いです。

  1. 医療従事者用の布マスクと、医療用の使い捨てマスクを、医療従事者で比較
  2. 布マスクの再利用、ろ過不良は、感染のリスクを高める可能性が医療用の使い捨てマスクよりも優位に高かった

と、こんな事が書いてあるようです。(多分)

つまり、

  • 医療用マスクのような防御効果は無い
  • しっかり洗わないと危険

ということですね。

Objective
The aim of this study was to compare the efficacy of cloth masks to medical masks in hospital healthcare workers (HCWs). The null hypothesis is that there is no difference between medical masks and cloth masks. Setting 14 secondary-level/tertiary-level hospitals in Hanoi, Vietnam. Participants 1607 hospital HCWs aged ≥18 years working full-time in selected high-risk wards. Intervention Hospital wards were randomised to: medical masks, cloth masks or a control group (usual practice, which included mask wearing). Participants used the mask on every shift for 4 consecutive weeks. Main outcome measure Clinical respiratory illness (CRI), influenza-like illness (ILI) and laboratory-confirmed respiratory virus infection. Results The rates of all infection outcomes were highest in the cloth mask arm, with the rate of ILI statistically significantly higher in the cloth mask arm (relative risk (RR)=13.00, 95% CI 1.69 to 100.07) compared with the medical mask arm. Cloth masks also had significantly higher rates of ILI compared with the control arm. An analysis by mask use showed ILI (RR=6.64, 95% CI 1.45 to 28.65) and laboratory-confirmed virus (RR=1.72, 95% CI 1.01 to 2.94) were significantly higher in the cloth masks group compared with the medical masks group. Penetration of cloth masks by particles was almost 97% and medical masks 44%. Conclusions This study is the first RCT of cloth masks, and the results caution against the use of cloth masks. This is an important finding to inform occupational health and safety. Moisture retention, reuse of cloth masks and poor filtration may result in increased risk of infection. Further research is needed to inform the widespread use of cloth masks globally. However, as a precautionary measure, cloth masks should not be recommended for HCWs, particularly in high-risk situations, and guidelines need to be updated. Trial registration number Australian New Zealand Clinical Trials Registry: ACTRN12610000887077.

Google翻訳結果
目的
この研究の目的は、病院の医療従事者(HCW)の布製マスクの効果を医療用マスクと比較することでした。帰無仮説は、医療用マスクと布製マスクに違いがないというものです。ベトナムのハノイに14の二次/三次病院を設置。参加者1607歳以上の18歳以上の病院HCWは、選択されたハイリスク病棟でフルタイムで働いています。介入病院病棟は無作為に次のように割り付けられました:医療用マスク、布製マスク、またはコントロールグループ(通常の練習、マスク着用を含む)。参加者は、4週間連続してシフトごとにマスクを使用しました。主な結果の測定臨床呼吸器疾患(CRI)、インフルエンザ様疾患(ILI)、および検査室で確認された呼吸器ウイルス感染。結果すべての感染結果の発生率は、クロスマスクアームで最も高く、ILIの割合は、医療用マスクアームと比較して、布製マスクアームで統計的に有意に高い(相対リスク(RR)= 13.00、95%CI 1.69から100.07)。布マスクも、対照群と比較して有意に高いILI率を示しました。マスク使用による分析では、ILI(RR = 6.64、95%CI 1.45から28.65)と検査室で確認されたウイルス(RR = 1.72、95%CI 1.01から2.94)が、医療マスクグループと比較して布マスクグループで有意に高かった。粒子による布マスクの浸透はほぼ97%であり、医療マスクは44%でした。結論この研究はクロスマスクの最初のRCTであり、結果はクロスマスクの使用に注意を払っています。これは、労働安全衛生を知らせる重要な発見です。保湿、布マスクの再利用、ろ過不良は、感染のリスクを高める可能性があります。布マスクの世界的な普及を知らせるには、さらなる研究が必要です。ただし、予防策として、特にリスクの高い状況では、医療従事者に布製マスクを推奨しないでください。ガイドラインを更新する必要があります。

では、布マスクは意味ないんでしょうか?

布マスクでウイルスを外から体内に入るのを防ぐことはできません

でも、コロナウイルス対策のために、布マスクを日本人がつける意味はあります。

それはなぜか?

アメリカの感染症対策研究施設CDCのホームページに以下のようなマスクについてのガイドラインがありました。

CDCの正式名称はCenters for Disease Control and Prevention。
日本では「米国疾病管理予防センター」と訳される。
感染症に関する最強の組織で、政府の影響を受けずに正しい情報をアメリカや全世界に届けることを目的としています。

CDCのマスク着用のガイドライン

  1. 病気の場合はマスクを着用してください(人に移さないために)
  2. 病気をしている人の面倒をみるときもマスクを着用してください(マスクを付けられない病状や小さな子供などのために)
  3. 医療従事者用のマスクを確保するために、スカーフやバンダナをマスク代わりに使用してください

この3つ目の、スカーフやバンダナの代わりが「布マスク」、となります。

CDCにとってマスクは、
病気を予防するためではなく、病気の人がウイルスを飛沫などで撒き散らさないためにするもの
です。

今回のケースでは、
自覚症状は無いものの実はコロナウイルス発症者だった人が、
飛沫・ウイルスを撒き散らさない、

という点で、布マスクは意味があります。

つまり今回の安倍政権の目的は、
少しでも市場のマスク需要を布マスクにより緩和し、
医療従事者用のマスク(の材料含む)を確保する

ことだったようです。

布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?に関する感想

デミオ
デミオ
うちの嫁は職場のオバサマと
「安倍総理が着けてるマスクが来たらどうしよう、超やだね!
あとマスクちっちゃくない?
安倍総理の顔がでかいのかな?」
などと、色々話してたそうです(笑)

それがまさか医療関係者のマスクを確保するための施策だったとは。

でも、安倍総理のガーゼマスク姿はインパクトありすぎ、と僕も思います。

布マスクはなぜダメなのか有効性は感染拡大の危険性示す研究は

まとめ ~布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?~

デミオ
デミオ
いかがでしたか?

布マスクの有効性や危険性について、わかっていただけたでしょうか?

それでは、内容をまとめます。

  1. 布マスクは医療用使い捨てマスクのような防御効果は無く、感染予防はできない
  2. しっかり洗浄・濾過しないと危険
  3. 布マスクは無自覚コロナウイルスクラスターがウイルスを撒き散らさない点で意味がある

以上で
布マスクはなぜダメなのか?有効性は?感染拡大の危険性示す研究は?
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク