芸人

吉本興業は独占禁止法違反では?岡本社長「TV局が株主だから大丈夫」



スポンサーリンク



吉本興業は独占禁止法違反では?岡本社長「TV局が株主だから大丈夫」_アイキャッチ

デミオ
デミオ
どうも、デミオです!

ゆたかな日々にお越しいただき、ありがとうございます!

今回は
吉本興業が独占禁止法違反なのか
について書きました。

ぜひ最後まで読んでください!

独占禁止法とは?

イチコ
イチコ
独占禁止法ってなーに?
デミオ
デミオ
ちょっと難しいと思うけど、定義を引用するね。

独占禁止法の正式名称は,「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」です。この独占禁止法の目的は,公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすることです。市場メカニズムが正しく機能していれば,事業者は,自らの創意工夫によって,より安くて優れた商品を提供して売上高を伸ばそうとしますし,消費者は,ニーズに合った商品を選択することができ,事業者間の競争によって,消費者の利益が確保されることになります。このような考え方に基づいて競争を維持・促進する政策は「競争政策」と呼ばれています。
 また,独占禁止法の補完法として,下請事業者に対する親事業者の不当な取扱いを規制する「下請法」があります。

私的独占は,独占禁止法第3条前段で禁止されている行為です。私的独占には,「排除型私的独占」と「支配型私的独占」とがあります。前者は,事業者が単独又は他の事業者と共同して,不当な低価格販売などの手段を用いて,競争相手を市場から排除したり,新規参入者を妨害して市場を独占しようとする行為です。後者は,事業者が単独又は他の事業者と共同して,株式取得などにより,他の事業者の事業活動に制約を与えて,市場を支配しようとする行為です。

イチコ
イチコ
うん、全然わからん!
デミオ
デミオ
だよねー
要は、健全な競争を阻害するような取引の仕方をしてはダメですよってことかなー



岡本社長「TV局が株主だから大丈夫」と発言

吉本興業の発言を列挙します。

吉本興業の岡本昭彦社長から
「会見したら全員クビにするからな、俺にはクビにする力がある」
「お前らテープ回してないやろな」
などと脅されていた。

引退会見を迫られた際に、田村亮がネット生中継をお願いすると、
「在京(テレビ) 5社、在阪(テレビ)5社は吉本の株主だから大丈夫やから」
と吉本から言われた。

吉本興業は独占禁止法違反?

ニコ
ニコ
結局吉本興業は独占禁止法違反なの?
デミオ
デミオ
うーん、調べたことまとめるね。

公正取引委員会は、
芸能事務所が芸能活動を妨げる行為をすることをした場合、独占禁止法違反の恐れがあるとの見解を出してます。

今回の吉本の
「在京(テレビ) 5社、在阪(テレビ)5社は吉本の株主だから大丈夫やから」
という発言自体は、引退会見の放送に関することだから、独占禁止法にはあたらないと思います。

でも、超パワハラなので、なんかしらに違反してますよね。
吉本興業は雇用してないって言ってるので、そのあたりが曖昧です。。

ですが、すくなくとも
吉本興業が、宮迫博之、田村亮の今後の活動に対して、何かしらの圧力をかけるとすれば、
それは独占禁止法違反の恐れがあります!

が、表にでるんですかねー。
能年玲奈とかモロにこれに当たると思うんですけど。

とはいえ、松本人志さんの尽力で、
宮迫博之さん、田村亮さんが吉本興業と和解するという話しもあるので、
圧力うんぬんの話しはなくなるかもしれませんね。

が、この二人を抜きにしても独占禁止法違反的なことをしてないか、
公正取引委員はしっかり確認して欲しいな、と思います。

他にもおすすめの記事があるので、そちらもぜひ読んでみてください!

宮迫博之(雨上がり決死隊)の年収は5億?吉本と芸人のギャラ割合は?

宮迫博之の資産(腕時計コレクション,愛車,豪邸)の値段は?画像あり

宮迫博行が移籍?明石家さんまがラジオで「欲しい。吉本関係無い」

特に「芸人闇営業」に関する記事は、下記のリンクにまとまっています!
https://yutakanahibi.com/tag/geininn-yamieigyou

まとめ ~吉本興業は独占禁止法違反では?岡本社長「TV局が株主だから大丈夫」~

デミオ
デミオ
いかがでしたか?
独り言です。

それでは、内容をまとめます。

  • 「テレビ局が株主だから大丈夫」という発言自体が独占禁止法違反にあたることは無い
  • 今後、宮迫博之、田村亮の活動に圧力をかけたら、独占禁止法違反にあたる可能性がある
  • ただし、松本人志の尽力で二人と吉本興業は急転和解する可能性も?

以上で
吉本興業が独占禁止法違反なのか
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク